ヨガセラピー

低圧で3アイアンガーヨガの練習

アーサナの実践のための実践と提言

あなたが低圧の問題に精通している場合は、覚えておいてください:ヨガの練習では、あなたは過労することはできません。主に休息とリラックスに注意を払う必要があります。

サポートでリラックスした姿勢で3-5分することができます。アーサナをするときは、支えを使ってそれらの上に構築し、抵抗を克服し、安定性を求めます。

これは体に栄養を与え、エネルギーを与え、それに応じて圧力を高めるのに役立ちます。

台座の上のSupta baddha konasana

足を膝のところで曲げ、骨盤まで持って行き、Baddha Konasanaの足の位置が固定され、かかとが体から離れないようにストラップで縛ります。腰の下にサポートを置きます。

後ろに傾いて、クロスケージにリブケージを置きます。胸が頭より高く上がっているような感覚があるはずです。

ロープの上のBhujangasana

胸が積極的に開かれているので、これは減圧下で非常に便利な姿勢です。腰の下では、直立した姿勢で疲れたりポーズを長くしたりしないように、サポートを受ける必要があります。このポーズを約1分間行います。

同時に、血液循環を良くするために体内に空間を作る必要があります。そのためには、胸部の開口部、心臓の部分にさまざまな方法で取り組む必要があります。

低血圧の場合には、頭の弱い血管は強い血流に耐えることができないので、慎重に倒立姿勢を実行する必要があります。逆さにして頭や顔に大量の血液がこぼれた場合は、ポーズを残してください。

ヴィパリータカラニ

ポーズを取るときそれが壁に動かないように壁から少し距離を置いてローラーを置き、壁とローラーの間にレンガを置きます。

横になってローラーで座り、後ろに寄りかかり、肩と頭の後ろを床に置き、足を壁に置きます。ローラーは肩甲骨を持ち上げて、前のものに後部肋骨を案内します。胸骨をあごに向け、あごを胸骨に向けます。息を吐きながら腹部を吸い込んでリラックスさせながら、胸部の拡張に注意してください。

最後に、Shavasanaを実行してください。胸部の下にクッションを敷き、頭の下にいくつかの毛布を敷くことで、骨盤の上と同じ高さになるようにすることができます。