アサナの種類

ハラサナ

Pin
Send
Share
Send
Send


すきのポーズ

テクニック:

  1. プラウポーズでの体の位置がどうなるべきかを理解するために、 ダンダサナ (姿勢スタッフ)床に座り、あなたの前であなたの足を伸ばします。
  2. ケースを少し前方に傾けてから、開始位置に戻ります。
  3. 腰を内側に巻き、床に押し付けます。
  4. 足を伸ばして、かかとを遠ざけます。
  5. 骨盤の両側の床に指の先を置き、肩甲骨を引き込みます。
  6. 胸骨の上部を上げますが、基部を前方に押さないでください - これは上腹部を圧迫し、背中を下げます。反対に、胸骨の付け根を内側へ、そしてへその方へ下向きに少し向けます。この場合、あなたは胸がよく開示されていないと感じるかもしれません。しかし、胸骨の上部を上向きにして床に垂直な位置に置くと、頭と心臓にすぐに明るさが感じられます。
  7. あごを上胸部まで下げますが、互いに向かって押さないでください。頭を下に落とさず、背骨全体を引き上げ続けます。
  8. この位置を持ってください。
  9. 腕を横に広げ、肘の中で少し曲げます。手のひらを「見上げます」。
  10. 手のひらを後ろの壁に向け、親指を床に向けて腕を外側に向けます。
  11. この位置にしばらく留まります。腕の回転がどのように肩甲骨を吸い込んで下げ、胸骨を上方に持ち上げるのに役立つかを感じてください。胸部を開き、肩の筋肉を伸ばすには、次のようにします。
  12. Dandasanaの位置から、後ろに傾いて、骨盤から15 cmの距離に手のひらを置き、床に押し付けます。手の肩の幅、背中の後ろの壁に指を向けます。
  13. 肩を外し、肩甲骨を引き込みます。
  14. 次に背中上部を伸ばし、肩甲骨を背骨の側面に向けて外します。これにより体の位置が安定し、しっかりと支えられます。
  15. 胸骨の上部を上げ、1〜2分間この位置に留まります。
  16. 気楽に吸います。頭を下ろして先を見ないでください。あごは下がっていますが、胸骨には触れません。吸入したら、Dhandasanaに戻ります。

Pin
Send
Share
Send
Send