アサナの種類

ビラバドラサナIII

Pin
Send
Share
Send
Send


戦士のポーズIII。

テクニック:

  1. 立つ タダサナ (山のポーズ)
  2. あなたが息を吐きながら、Uttanasanaに向かって前傾してください(立った姿勢から前に傾けます)。
  3. 次の息を吐くときは、右足が膝のところで直角に曲げられるように、左足で大きく後退します。
  4. 右大腿の中心線(膝から骨盤と大腿の間のひだまでのスペース)に沿ってその中心線を合わせて、体を(恥骨から胸骨まで)下げます。
  5. 両手を右膝に当てます。左の手のひらを内側に、右の手のひらを外側にします。
  6. 手で膝を強く握り、体を少し持ち上げて息を吐き出し、少し右に広げます。
  7. お互いの手のひらを開いて、床と平行に腕を前方に伸ばします。
  8. 息を吐きながら、右太ももの骨の頭を後ろに押し、右のかかとを床に積極的に押します。
  9. 床から左足を持ち上げながら右足を伸ばします。
  10. 左足を上げて、骨盤の尾骨を吸い込みます。原則として、学生は船体を前方にして「ダイビング」してVirabhadrasan IIIに入ります。その結果、体重が右足のつま先の下のパッドに移動し、ポーズのバランスが崩れます。したがって、体を前方に傾けないでください。代わりに、膝のところで右足をまっすぐにして、大腿骨の頭を後ろに後ろに押します。これにより、股関節内の大腿骨の位置が揃い、床へのかかとの圧力が高まり、位置が安定します。手、体、および左足は床と比較的平行になるようにします。多くの人にとって、骨盤は前方に「落ちます」。これを避けるには、両側の股関節が互いに揃い、床と平行になるまで、骨盤の左側を床に向けます。
  11. 左足を動かして、後ろの壁に向かって強く引っ張ります。
  12. 同じ力で腕を前方に引きます。
  13. 頭を少し持ち上げて、首の後ろを押さずに前を向いてください。
  14. 30〜60秒間この位置にとどまります。
  15. 息を吐きながら、左のかかとを床まで下げます。
  16. 右足の両側の手のひらを床に降ろします。
  17. 次の呼気で、あなたの左足で前進して、それを右の隣に置きます。
  18. 数サイクルの呼吸のために斜面を持ちます。
  19. その後、もう片方の脚でポーズをとります。

Pin
Send
Share
Send
Send