アサナの種類

パドマサナ

Pin
Send
Share
Send
Send


蓮のポーズ

演奏テクニック

  1. 座って ダンダサナ (姿勢スタッフ)
  2. 右足の外側の端が左肘のしわに位置し、右膝が右肘のしわにくるように、右足を膝のところで曲げて手で握ります。
  3. 可能であれば、右下肢の外側から腕をつなぎます。
  4. 背骨を伸ばしながら、右大腿部の内面に沿って体の前面を持ち上げます。
  5. 腰を丸めないでください。
  6. あなたの右足を自分自身に持っていって、あなたの股関節の可動性をチェックするためにそれをあなたから数回離してください。
  7. 左足を膝で曲げて外側に向けます。
  8. 右足をできるだけ右にしてから、膝をしっかりと「ロック」して、大腿部の後ろ側を腓腹筋に押し付けます。
  9. 右踵を左大腿部に近づけ、股関節の脚を回します。骨盤のできるだけ近くで左大腿部の右足の外側の端を置きます。
  10. 右踵を腹部左側の下部に押し当てます。理想的には、ソールは床に対して平行ではなく垂直であるべきです。
  11. 少し傾けて床から右足を上げます。
  12. あなたの左足を上げて、それを右の前にそれを置く - これをするために、あなたの手であなたの左のすねを支えなさい。
  13. 左足をゆっくり右に動かし、左足の外側の端を骨盤にできるだけ近づけて、股関節の足を回します。
  14. ソールが床に垂直になるように腹部の右側の底部に左のかかとを押します。
  15. できるだけ膝を近づけます。足の縁が鼠径部を床に押し付けます。
  16. 胸骨の上部を天井に向けて引き上げます。必要に応じて、両手を腰に当て、親指と人差し指をつなげて、Jnana Mudra(Seal of Knowledge)に入れます。
  17. Padmasanaは座った姿勢ですが、誰もができるわけではありません。上級者だけがプラナヤマと瞑想のためにポーズを使うことができます、初心者はより軽い選択を選ぶべきです。最初は、数秒間ポーズをとり、足の位置を変えるのを忘れないでください。数秒間アサナの時間を少しずつ増やします。間違いを指摘し、怪我を防ぐのに役立つ教師と一緒にポーズを習得することをお勧めします。

Pin
Send
Share
Send
Send