アサナの種類

スカサナ

Pin
Send
Share
Send
Send


快適な姿勢

テクニック:

  1. 1枚または2枚の毛布を折りたたんで、スタンドの高さが15 cmになるようにします。
  2. その端に座り、Dandasana(Staff of the Staff)まであなたの前であなたの足を伸ばします。
  3. 足を膝のところで曲げて、左が右の下になるようにしわをひねります。この場合、右足は左膝の下、左は右下にあります。足を骨盤まで持って行きます。足の外側の端が床にそっとくるようにして、内側のアーチが反対側の足の足首の真下にくるように足をリラックスさせます。 Sukhasanの足の正しい位置は簡単に決定されます:足は三角形を形成しなければなりません、その側面は腰とねじれた輝きです。このポーズを足首が坐骨骨にできるだけ近い別の古典的なアーサナと混同しないでください。 Sukhasanaでは、足と骨盤の間にスペースがあるはずです。
  4. あなたの骨盤を比較的中立位置に保ってください。それを達成する方法は?骨盤の両側の床に手を押して、支柱から坐骨を少し引き剥がします。
  5. この位置を数回の呼吸サイクルの間保持し、大腿骨を重くしてから、坐骨骨を穏やかに支持体上に下ろす。
  6. 床から等距離になるように恥骨と尾骨の位置のバランスをとるようにしてください。
  7. 手のひらを上にして手を腰に当てるか、手のひらを下にして膝の上に下げます。
  8. 床に向くようにして尾骨を伸ばし、肩甲骨を後退させますが、腰を曲げて前方の下肋骨を前方に押さないでください。
  9. この位置では、任意の数に座って構いませんが、足の位置を変更することを忘れないでください。

Pin
Send
Share
Send
Send