アサナの種類

Parshva Upavishtha Konasana

Pin
Send
Share
Send
Send


足を大きく離して座位から横に傾けます。

テクニック:

  1. 座って Upavishthaコナサナ (足を大きく離して座位から前傾します)ただし、前傾しないでください。
  2. 骨盤の位置は、会陰が床に向くようにする必要があります;骨盤は、恥骨に、または恥骨に前方に倒れてはいけません。
  3. 骨盤が仙骨に落ちた場合は、支えの上に座ります。
  4. 右手を尾骨の後ろに、左手を骨盤の前に置きます。
  5. 左大腿部に抵抗しながら、右に向けます。
  6. 息を吐きながら、右足に沈み、足を握ります。
  7. 背中の左側を引き、腹部を​​左から右に向けます。
  8. 横隔膜と胸骨を前方に動かし、左肋骨を右に、そして左心房軟骨を右膝に送ります。
  9. 骨盤から肋骨までの左側ストレッチを感じます。
  10. あなたが息を吐きながら、床から左足を持ち上げずに、ひっくり返します。
  11. ポーズを1分間保持してから、反対方向に動かします。
  12. 両方向に2回アーサナを行います。

Pin
Send
Share
Send
Send