アサナの種類

ウタナサナ

Pin
Send
Share
Send
Send


立ち位置から前に傾けます。

テクニック:

  1. 立つ タダサナ (装着位置)そして手のひらを腰の上に置きます。
  2. あなたが息を吐きながら、前傾して、腰からではなく股関節からこの動きを作ります。
  3. 体を下に下げて、鼠径部自体から体の前面を伸ばし、恥骨から鎖骨の間の空洞までのスペースを広げます。
  4. 膝を曲げないで、指や手のひらの先端を両足の前または両側に置きます。足首の裏側をつかむこともできます。あなたがこれらのポジションのどれも受け入れることができないならば、あなたの前腕を互いの上に置いて、あなたの手のひらであなたの肘をつかみます。
  5. かかとを床にしっかりと固定し、坐骨骨を天井に向かって持ち上げます。
  6. 太ももの上を少し内側に巻きます。
  7. 吸入するたびに、ケースの前面をゆっくり持ち上げて長くします。
  8. 呼気のたびに、より深く傾けなさい。
  9. この場合、体は呼吸するとほとんど知覚できないほどにダックスフントの中に入り始めます。頭が垂れ下がるようにして、首の付け根から解放します(肩甲骨の間、背中上部の奥深くにあります)。
  10. 30秒から1分の間アーサナにとどまります。
  11. ポーズから出て、あなたの手のひらをあなたのお尻に動かして、もう一度体の前面を広げてください。
  12. テールボーンをかかとの方向に向けて内側に引きます。
  13. 胴体を長くし続けながら、息で持ち上げます。

Pin
Send
Share
Send
Send