アサナの種類

Janu shirshasana

Pin
Send
Share
Send
Send


頭を膝に曲げます。

テクニック:

  1. 折り畳まれた毛布の端に座って、足を前方に伸ばします。あなたの手で、臀部を後ろと横に引き、あなたが坐骨骨の上に座ることを確認してください。
  2. 右足を膝のところで曲げ、かかとをできるだけ会陰に近づけて、左内鼠径部の隣に置きます。曲げられた足の膝が右に落ちるようにしなさい。太ももが床に触れない場合は、その下にレンガを置くか、または折りたたんで置きます。
  3. 背中をまっすぐにし、骨盤を前に向けます。
  4. 左足を曲げ、次に床の上のかかとを滑らせながら伸ばします。指と膝を天井に向けます。息を吐きながら、坐骨を支持体に押し付け、息を吸いながら脊椎を上に引きます。
  5. 胸をゆっくり左に広げ、右手を左足の外側に移動させて、手を太もも、膝、または足首に触れさせます。
  6. 呼気の曲がり角で背骨を吸い込んで伸ばし、骨盤から動き、仙骨を前方に、恥骨を後方に動かします。あなたの右手をあなたの左足の小指に動かして、腰の自然なわずかなたわみを維持するようにしてください。
  7. 両手で足をつかむか、その上にベルトをかけます。あなたの顔、のどや肩に負担をかけないでください。
  8. より深く曲がって、鎖骨の領域が開いたままになるようにあなたの肘を両側に広げます。大腿四頭筋の働きも含めて、積極的に左足を引きます。膝が厳密に見上げていることを確認してください。
  9. 今すぐあなたの呼吸に焦点を当て、緊張を解放しようとします。体が吸息の間にわずかに上昇し、各呼気と共に下に落ちるのを見てください。背中、太ももの後ろ、そしてまだこわばりと緊張が感じられるそれらの部分から肋骨領域に呼気を向けてください。手で足をつかむ場合は、外側の端を少し手前に引きます。
  10. 斜面が深くなるにつれて、下肋骨を左大腿部に向け、頭を背骨の位置に合わせたままにしても、外観はまだ柔らかいです。可能であれば、右手で左手の手首をつかみます。
  11. 最大ストレッチに達したら、やめてください。 10サイクルの呼吸の間姿勢を保ちます。ストレスを完全に取り除きます。
  12. ポーズから抜け出すには、骨盤の両側の床に手のひらを下ろして、ゆっくりと体を持ち上げます。他の方向に一連の操作全体を繰り返します。サポートなしで床にJana Shirshasanaの位置に座っていると、簡単に引き上げることができ、仙骨と腰椎の領域が後退します - 追加の材料を使わずにポーズを試みることができます。

Pin
Send
Share
Send
Send