アサナの種類

Upavishtha Konasana

Pin
Send
Share
Send
Send


足を大きく離して座位からの斜面。

演奏テクニック

  1. 背中をまっすぐに保つことができる場合は、Dandasana(スタッフの姿勢)で座り、足を約90度以上広げます。
  2. 骨盤が仙骨に落ちた場合は、支えの上に座ります。
  3. 骨盤の両側に手を置きます。
  4. 床からそれらを押して、体を持ち上げて胸を開けます。
  5. かかとを床に押し付けて膝を締めます。
  6. 太ももの上、膝の中央、つま先が一直線上に並ぶようにします。
  7. 股の中心が床に向くように座る必要があります。前後に転がらないでください。
  8. 数サイクルの呼吸の間この位置を保持します。
  9. 親指、人差し指、中指で前傾して足の親指を掴みます。
  10. 骨盤から胸骨を外して体を長くします。
  11. 床から足の後ろをはがさないでください。
  12. この位置を乱すことなく、床の上におなかとおでこを置くようにして下に曲げます。
  13. 少なくとも5〜7サイクルの呼吸のためにポーズをとり、その後息をしながら立ち上がる。

Pin
Send
Share
Send
Send