アサナの種類

Ashtavakrasana

Pin
Send
Share
Send
Send


セージAshtavakraに捧げポーズ。

テクニック:

  1. 立つ タダサナ (山のポーズ)、骨盤より少し広い足を置きます。
  2. あなたが息を吐きながら、Uttanasanaの中に前に傾いて(立ち位置から前に傾けて)足の両側で床に手のひらを押してください。
  3. 膝を少し曲げます。
  4. 内側からこの動きをしながら、右手を右のすねと太ももの間のスペースにスライドさせ、右手の手のひらを右足の外側の床に押し込みます。
  5. 膝が右肩の背面のできるだけ上になるように、右腕を右膝の下にスライドさせます。
  6. 右膝を右肩にして、左足を右に動かします。
  7. 左と右の足首をひねって、左の足首を前に向けます。
  8. やや左に寄りかかり、体重を左手に寄せる。床から足をゆっくりと引き剥がし、数センチ持ち上げます。
  9. あなたが息を吐きながら、あなたの右の肩であなたの右の足を支える、あなたの肘を曲げます。
  10. ハウジングを前方に持っていき、床と平行になる位置まで下げます。同時に、膝を伸ばして床に平行に(そして体に垂直に)右に伸ばします。右手は腰の間に固定されています。ケースを左にひねるにはこれをアクティブにします。
  11. 肘を横に広げないでください。床を見てください。 30秒から1分のポーズをとってください。それからゆっくりあなたの腕をまっすぐにし、そして体をまっすぐにしなさい。
  12. 膝を曲げ、足首を緩めて、足を床に置きます。
  13. 数回の呼吸サイクルの間ポーズを取りながら、Uttanasanaを実行します。
  14. それから反対方向にAshtavakrasanuを繰り返してください。

Pin
Send
Share
Send
Send