アサナの種類

Parshva Bakasana

Pin
Send
Share
Send
Send


クレーンを横に向けます。

テクニック:

  1. まっすぐに、足を一緒に立ちます。
  2. 腰が床と平行になるように膝を曲げます。
  3. 右腿の後ろに左肘を付けます。腹部の斜めの筋肉に負担をかけないでください。
  4. 息を吐きながら、右に転がりながら、左側の下側の肋骨をできる限り右大腿部に近づけます。
  5. 左肘をできるだけ低くして、上腕の外側で腰に触れるようにしてください。
  6. 胸椎を収縮させ、右肩を後ろに動かしてさらに深くひねります。あなたがあなたの限界に達するまで、各呼気でこの動きを繰り返してください。
  7. それがかかとからわずか数センチメートルであるように骨盤を下ろし、そしてそれらを肩幅の幅を置いて、床にあなたの手のひらを押してください。おもりの大部分はまだ足に落ちています。
  8. 骨盤をゆっくりと持ち上げて右に押し、左手と右腿の間の接触を維持します。
  9. 足が完全に明るくなるまで、体重を腕の上で動かします。足を互いに近づけてかかとを持ち上げます。
  10. あなたが息を吐きながら、あなたの斜めをリラックスしてねじる準備をしなさい。
  11. 骨盤の左側を無理に押し下げて、床から足を離します。
  12. あなたの右腕を完全にまっすぐにしなさい、あなたの左腕はわずかに曲がっているかもしれません。
  13. 背骨をひねります。胸と頭を上げて、楽しみにしています。気楽に吸います。
  14. ポーズを10秒以上保持してから、反対方向にアサナを実行します。

Pin
Send
Share
Send
Send